食べたいを抑制する

Pocket
[`yahoo_buzz` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア

ゼニカルは、日本でまだ認可されていませんが、世界的に有名なダイエット薬です。
スイスの製薬会社が肥満に悩む人を対象に開発、販売を始め、現在では17カ国の人に使用されているという説もあります。
具体的な役割は、食欲抑制剤のように「食べたい」という欲求を抑えるものではなく、食事に含まれる脂肪分の吸収を抑える事。
つまり、食事を我慢する必要がない。というメリットがあります。
人間が食べた者に含まれる脂肪を吸収するには、腸内で脂肪酸に変換する必要があります。
その変換を行う物質が働く事を邪魔して、脂肪が吸収されにくくなるようにするのです。
具体的には、摂取した脂肪分のうち、30%の吸収を阻害する。というデータもあります。
実際に飲んだ事のある人の話によると、焼肉の食べ放題やラーメンなど油っこい食べ物を食べた時に、一緒に使用した。
食後トイレに行ったら、便などと一緒に真っ黒なラー油のような油が大量に出て来て驚いた。
または、油を根こそぎ持っていかれて、肌がカサカサになってしまった。
使用の際は、マルチビタミンのサプリメントなどで栄養を補う事が必須だと思った。などの声があります。
しかしビタミンには水溶性の物もあるので、そういった成分はゼニカルを使用していてもきちんと吸収されると言う声もあります。

Pocket
[`yahoo_buzz` not found]
Delicious にシェア
Digg にシェア