卵巣の働きをコントロール

Pocket
Buzz This
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg

女性が卵巣の働きをコントロールし、さまざまな目的で排卵を止めてしまうよう飲む薬がピルです。
排卵を止めるという大きな役割から、すぐに避妊薬なんだという想像をしやすいのですが、最近はアフターピルという新しいタイプのピルが開発が進んでいるそうです。
このタイプの緊急避妊薬は、排卵そのものを止めるというよりは、排卵を遅らせる他、性行為後の受精卵を子宮内に着床しにくくするという効果があります。
排卵前、排卵後で、薬の働き方が変わり、この他にも精子の侵入を阻害したり、排卵後の卵子の輸送をしにくくする働きもあります。
これまでにあったアフターピルは、避妊に失敗した性行為後、最大で72時間以内に2錠、そこからさらに12時間後に2錠、という飲み方をしなければなりませんでした。
ですが、最近新しく開発されているこれらの薬は、性行為後最大72時間以内に2錠飲むだけで良くなり、服用のタイミングでは、性行為から可能な限り早い内服が効果的で、12時間以内に服用した場合は、60時間経過後に服用した人に比べて高い効果を発揮します。
また、従来のものに比べ、副作用の吐き気や嘔吐が全くないわけではないのですが、かなり軽減されている点が大きなメリットといえるでしょう。

Pocket
Buzz This
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg